前へ
次へ

作業時の危険と労働相談の重要性

工場での作業スタッフや倉庫でいろんなものを運ぶ作業をするなど、現場で働くスタッフは安全対策がきちんととられている環境で働けるようにすることが重要です。現場スタッフがけがをする会社もあるなど、安全対策をしっかりとしている環境で従業員が働けるようにすることが経営者の責任となります。従業員が働く中で、労災に関することで経営者ともめてしまうなど、いろんな問題が発生したときに、外部の人に相談をすることにも注目です。労働相談ができるところもあるので、まずは電話相談を始めてみるなど、会社の問題を指摘してくれる人がいると、安心感を持てます。経営者の間違ったやり方についていけないときに、労働相談をした結果、安全対策など、重要なことの見直しを早めに進めてもらうことにつながります。労働者の安全を守るためにも、安全な環境がきちんと整っている職場を見つけることが必要ですし、万が一のときに労働相談ができる環境のチェックも大切です。

Page Top